税理士

税理士を小牧市、春日井市、江南市、一宮市、名古屋市北区、岩倉市、犬山市、北名古屋市、大口町、扶桑町、豊山町で探すなら安藤会計

TEL. 0568-71-5035

(税理士直通・朝9:00〜夜9:00まで)

トピックスTOPICS

小牧市税理士税務トピックス一覧>贈与契約書の印紙税(収入印紙)

  • 贈与契約書の印紙税(収入印紙)

    贈与契約書に印紙税(収入印紙)は必要なのでしょうか?

    土地や建物など不動産の贈与契約書については、分類上、印紙税額一覧表の第1号文書に該当し、収入印紙が必要になります。

    ただし贈与契約書に土地の評価額や不動産の鑑定額などの記載があっても、贈与契約の場合、その金額は不動産譲渡の対価ではないため記載金額がないものと見なされます。

    よって不動産の贈与契約書の収入印紙は200円です。

    かなりのレアケースと思いますが、営業の権利、特許権、実用新案権、商標権、意匠権、商号及び著作権などの贈与契約書についても上記の不動産同様、収入印紙が必要です。

    その他の贈与資産では現預金、株式、保険金受取の権利など、これらの贈与契約書については、税法上課税文書に該当せず、収入印紙は必要ありません。

    贈与契約書は贈与の際、必ず作成していただきたい書類ですが、贈与する対象物によって収入印紙が必要になることがあるので要注意ですね。
    2011年12月2日
  • この記事が役に立った、または役に立ちそうだと思っていただけましたら、下の「いいね」ボタンをよろしくお願いします。

起業支援

開業支援

安藤会計事務所(安藤税理士法人)

〒485-0048
愛知県小牧市間々本町277番地

TEL 0568-71-5035(税理士直通)
TEL 0568-73-4446
FAX 0568-75-7333
MAIL andotax.com@gmail.com