税理士

税理士を小牧市、春日井市、江南市、一宮市、名古屋市北区、岩倉市、犬山市、北名古屋市、大口町、扶桑町、豊山町で探すなら安藤会計

TEL. 0568-71-5035

(税理士直通・朝9:00〜夜9:00まで)

トピックスTOPICS

小牧市税理士税務トピックス一覧>会社役員の社会保険料を安くするには?

  • 会社役員の社会保険料を安くするには?

    法人の非常勤役員は、社会保険の制度上、健康保険・厚生年金保険の適用除外者となります。この制度を利用して社会保険料の削減を図ります。

    名目は「相談役」や「顧問」といった低額の報酬者であっても、「常勤役員(労働者)」は社会保険の被保険者となります。しかし、「常勤役員」から「非常勤役員」に変更した場合は被保険者から除外することが出来るのです。

    中小零細企業の多くに、夫が代表取締役、妻が取締役という形態を見かけます。そこで、妻を常勤役員から非常勤役員に変更する方法を検討します。ここで大事なことは、名目だけ非常勤役員としても勤務実態そのものが変わらない場合は、社会保険の被保険者と判断されかねない点です。

    したがって、出勤日数や時間の調整を行う必要があります。目安としては、正規社員の4分の3以下にすることです。勤務時間や勤務日数は1日6時間未満、1週間の勤務日数4日未満、または1ヶ月の勤務日数16日未満が一応の基準となります。

    報酬金額の高低については、設定についての規程が社会保険にはありません。すなわち、高額な報酬の非常勤役員であっても、勤務時間や勤務日数が一定未満であれば被保険者に該当しなくなるので、保険料を支払わなくてもよいことになります。2011年10月31日
  • この記事が役に立った、または役に立ちそうだと思っていただけましたら、下の「いいね」ボタンをよろしくお願いします。

起業支援

開業支援

安藤会計事務所(安藤税理士法人)

〒485-0048
愛知県小牧市間々本町277番地

TEL 0568-71-5035(税理士直通)
TEL 0568-73-4446
FAX 0568-75-7333
MAIL andotax.com@gmail.com